まとめ記事

冬のドリンクのまとめ

寒い冬は、温かい飲み物が美味しいですね。
家族や友達、仕事場の仲間にも、冬に楽しめる飲み物をプレゼントすると喜ばれるかもしれません。

相手の好きな物
ノンカフェイン
快眠
リラックス
希望のジャンル
食品
コスメ・ヘルスケア

7件の商品。1~7件を表示

0pt

黒豆の力。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

ダイエットにもいいとされる黒豆茶。
お茶に含まれるポリフェノールなどが、美肌や脂肪を少なくするのに役立つとも言われています。
また、体を温める効果もあるとのことで、寒い冬にはピッタリの飲み物です。
寒いと温かい飲み物が飲みたくなり、飲むことで実際温まりますが、コーヒーや緑茶など、実は温かくても体を冷やす作用があると考えられている飲み物もあります。
黒豆茶は、体を温める作用があるといわれ、またノンカフェインなので、寝る前に飲んだり、妊婦さんやお子さんにも適した飲み物だと思います。

0pt

コーヒーの代わりに。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

コーヒーが好きでよく飲む人もいると思いますが、少し控えめにしたいとか、夜寝る前にも飲みたいと考えている場合は、穀物コーヒーを代わりに飲んでみるのもいいかもしれません。
穀物コーヒーは、大麦やライ麦などを炒り、コーヒーのような苦味や香りを出したもので、他にも有名なものとしては、タンポポの根を使ったタンポポコーヒーなどがあります。
コーヒーのような風味は楽しめるものの、濃い麦茶という感じでもあるので、コーヒーが好きな人には物足りなく感じるかもしれませんが、独特の味わいもあり、また妊娠中の人でも安心して飲めるのもいいと思います。

0pt

ゆずでほっこり。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

韓国でよく飲まれているゆず茶。
ゆずの果肉の入ったマーマレードのようなものを溶かして飲みます。
熱いお湯に溶かせば、さっぱりと酸味のあるホットドリンクになり、ヨーグルトに入れたり、パンに塗ったりして楽しむことも出来ます。
ゆずにはビタミンCやクエン酸も沢山含まれていますし、飲みながら、底に沈んだ果肉や皮も食べて楽しめるのもいいですね。
飲みやすいので、お子さんがいるご家族にプレゼントしても喜ばれるのではないかと思います。

0pt

スパイスで温まる。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

インド料理店『アショカ』のレシピで作られた、チャイ専用のスパイスです。
レストランなどで出されるチャイはとても美味しいのですが、自分で作ろうとすると、あの味を出すのが難しいですよね。
でも、このスパイスがあれば、手軽に本格的な味のチャイを楽しむことが出来るようになります。
チャイを作って楽しむだけではなく、カレーや他の料理、お菓子作りなどにも役立ちそうですね。
スパイスが効いたチャイは、冷えた体を温めてくれると思います。

0pt

葛としょうがのタッグ。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

最近はしょうが入りの食品をよく見かけますが、体を温める飲み物といえば、しょうが湯が思い浮かぶ人もいるかと思います。
しょうがだけでも美味しく、温まるものの、個人的には葛入りのものであったり、しょうがが入っている葛湯が好きです。
味もまろやかになり、あの独特のとろみと体がじわっと温まる感じがいいですね。
風邪をひいた時や、食欲があまりない時などにも活躍してくれそうです。
アレンジして違った雰囲気のドリンクにしたり、お菓子を作る人もいるみたいですね。

0pt

アーユルヴェーダの知恵。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

インドの伝承医学、アーユルヴェーダに基づいて作られているハーブティー『YOGI TEA(ヨギティー)』の一つです。
生姜、甘草、ユーカリ、オレンジピール、スパイスなどがブレンドされ、冷えた体を温めてくれます。
冷え性の人や風邪をひいた時にも良さそうですね。
ハーブティーはカフェインが入っていないものや、妊娠中の人や子どもでも飲めるものが多いのですが、ブレンドによっては注意が必要な場合もあるみたいです。
このウィンターリリーフティー(コールドシーズンティーという表記の場合もあります)は、「幼児、妊娠中、またはその疑いのある方および授乳中の方にはお勧めできません」との情報がありました。

0pt

じっくり熟成した番茶。

[不明]
(税込)
2018/07/16 by Amazon

日本人だと、やはり日本茶は飲みやすいところがあり、ホッとできると思いますし、人にも贈りやすく、使ってもらいやすいのではないかと思います。
同じ日本茶でも番茶やほうじ茶は、緑茶に比べて含んでいるカフェインの量が少ないのですが、番茶を三年間熟成させた『三年番茶』は、さらにカフェインなどの刺激が少なくなり、よりまろやかな味が楽しめるようになります。
そのため、誰もが気軽に飲みやすいものと言えるかもしれません。

7件の質問。1~7件を表示