まとめ記事

皆で楽しむアナログゲームのまとめ

皆で集まった時に出来るカードゲームをまとめました。

相手の好きな物
パーティー
ゲーム
コンパ
希望のジャンル
おもちゃ・ゲーム
趣味

10件の商品。1~10件を表示

0pt

邪魔をしたり、邪魔をされたり。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

プレイヤーは皆ドワーフの金鉱堀りとなり、金塊を手に入れる為に通路を掘り進んで行きます。
その中には仲間も居れば、邪魔するものも居て、最初は誰が味方で誰が邪魔者なのかは分からないようになっています。
誰がどんな役割なのか、どんな行動をするのか、疑いながら、予測しながらゲーム進めて行き、最終的に最も多くの金を獲得したプレーヤーの勝ちとなります。
価格も手頃で、プレイも手軽にし易い様なので、何かこういったゲームを買ってみたいという時に最適かもしれません。

0pt

豆を育てて売り買い。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

プレイヤーは農園主となり、豆を育てて収穫し、利益を得ていくゲーム。
集めやすい豆は換金率が低く、逆に集めにくい豆は高い換金率であったりして、どういう豆を育てるかということだけではなく、実際に商売をするように、他のプレイヤーとの交渉も重要になってくるゲームです。
カードの出方が悪かったとしても、交渉の仕方次第で幾らでも状況を有利に持っていくことは可能でしょうし、ゲームを行う事で、良い交渉という物を学ぶきっかけにもなるかもしれません。

0pt

生き残りを賭けた熱戦。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

プレイヤーは村人と、村人に化けた人狼となり、相手の正体を暴いたり、騙したりしながら生き残っていくゲーム。
昼と夜の場面が繰り返され、昼には皆で話し合い、投票で人狼だとされた誰かが処刑され、夜には人狼が村人の誰かを襲撃します。
人狼が全て死亡したら村人の勝ち、村人の数が人狼と同じになれば人狼の勝ちです。
自由な会話で人狼を探っていったり、村人を騙していくことになり、いかに相手を上手く騙せるか、説得できるかにかかっていて、その駆け引きや、ホラーチックな内容も相まって、スリリングな面白さを味わえるのではないかと思います。

0pt

へびをつなげて捕まえる。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

頭・胴・尾に分割され、それぞれ色分けされたへびの絵のカードを繋げ、へびを完成させていきます。
自分の番が来たらカードを引き、繋げられそうであれば繋げ、へびを完成する事が出来た人が、へびを貰う事ができます。
最終的に、一番多くのカードを集められた人が勝ちです。
戦略などはなく、ただ順番にカードを引き、繋げていくだけなので、小さな子どもでも簡単で、幼稚園や保育園等の施設でもよく使われている様です。
へびの絵も愛嬌があり綺麗なので、パズルの様に組み合わせて遊ぶだけでも楽しいかもしれません。

0pt

愉快な動物の将棋。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

子どもが喜びそうな可愛い動物の絵柄の将棋。
盤面は3×4の12マス、駒8枚とコンパクトですが、現役女流棋士が考案したというだけあり、奥深い世界が広がります。
因みに、イラストも女流棋士の方が描いています。
盤は折りたたみ式になっているので、色々な場所で色々な人と対戦してみるのも良さそうです。
9×9マスの『おおきな森のどうぶつしょうぎ』もあるので、慣れてきたらそちらにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

0pt

取るか、めくるか。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

カメレオンが描かれた7色のカードと、3枚のジョーカー他を使い、カードを山札からめくるか、場に並べられたものを取るか、の二つをひたすら選択していくシンプルなゲーム。
なるべく同じ色のカードを3枚揃えて取った方が良いのですが、場には皆で並べ、皆も揃うのを狙う為、そういった駆け引きや、取られた時の悔しさ、また4色以上は減点となっていくので、そういった所も考えて行わなければならず、シンプルだけれども盛り上がるのではないかと思います。
ゲームの所要時間も短いので、ちょっとした時間に出来るのも魅力かもしれません。

0pt

想像力を駆使して語る。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

不思議で美しい絵柄のカードを使い、イメージと言葉を使って遊ぶゲーム。
一人ずつ交代で『語り部』となり、手札の中から選んだカードを見て連想された言葉を皆に伝えます。
そして皆も、その言葉に相応しいと思えたカードをそれぞれの手札から選んで出し、全員が出したカードの中から、どれが語り部の選んだカードなのかを当てるという内容です。
言葉が難しすぎても、簡単すぎても上手く点数にならないので、そこの辺りのセンスも求められますし、それぞれの持つ印象や、表現の仕方の違いも楽しめます。
大人も子どもも、想像力を使いながら一緒に楽しめると思います。

0pt

鳥になった気分で。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

8つのサイコロを振り、鳥の気分で虫を集めていくゲームです。
サイコロを振って数字を選んでキープして、残りのサイコロを振ってまたキープして……と数を積み重ね、高い点数のイモ虫タイルを狙うことも出来ますが、逆に失敗のリスクも高くなり、そこの選択の難しさがあると思います。
他の人のタイルも奪えるので、そういう所でも白熱するかもしれません。
タイルは塗濡れても大丈夫な材質なので、飲み物等がかかっても問題ないですし、箱も小さいので、どこか外でやるのにも良いかもしれません。

0pt

鉄道をつくる。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

カードを集め、二都市の間に線路を建設していくゲーム。
簡単なルールと取っつき易さで、皆で集まった時に騒ぎながらプレイするのに良さそうです。
色彩豊かなカードと駒を使い、ボートに並べて行くのは見た目にも楽しく、大人も子どもも楽しむことが出来るのではないでしょうか。
シンプルながらも駆け引きや戦略を考え、進めていくことで、いつの間にかハマり、時間を忘れてやってしまうかもしれません。
この北米版以外にもヨーロッパ版やドイツ版等もあります。

0pt

追う刑事、逃げる怪盗。

[不明]
(税込)
2018/06/20 by Amazon

ロンドン市内に潜伏し逃走するMr.Xを、スコットランドヤードの刑事達が追跡し逮捕するボードゲーム。ボード上で鬼ごっこをするイメージになります。
Mr.Xを24ターン以内に捕まえれば刑事の勝ち、24ターン逃げ切ればMr.Xの勝ち。
刑事達は移動手段が限られるので、上手く連携してMr.Xの出現位置を予測し、包囲網を作れるかどうかも重要になってきますし、Mr.Xは規定回数、居場所を公開しなければならないという縛りはありますが、逃げるのに有利な能力もどう上手く使って逃げ切るかにかかっています。
こちらも、皆で盛り上がれそうです。

10件の質問。1~10件を表示